2005年12月18日

先生の「心の病」、過去最多3559人

昨年度に精神性疾患で休職扱いとなった公立小中高校などの教員は前年度より365人増え、過去最多の3559人に上ったことが14日、文部科学省の調査で分かった。


調査によると、全国の教員92万1600人のうち、病気休職者は過去最多の6308人(前年比291人増)。
このうち56・4%がうつ病などの精神性疾患で、教員全体に占める割合は、10年前の約3倍にあたる0・39%に達した。


原因について文科省が各都道府県教委などに問い合わせたところ、「分からない」という回答が多かったが、ベテラン教員が学級崩壊など最近の子どもの変化に対応できなかったり、若手が職場のコミュニケーションに苦労したりするケースが報告された。

このほか「多忙化」を挙げたところもあった。


文科省によると、教員の病気休職は他の地方公務員に比べ、0・1%程度高い傾向があるという。

(読売新聞) - 12月14日


心の病は先生だけでなく、多くの職種で共通に増えている。
ストレス過多、多忙、疲労、コミュニケーションスキルの低下、真面目人間の増加。

企業は(国も)、真面目に取り組む必要がある。
個人の問題だから、ではすまない時代になってきた。

時には、労災扱いにもなる。

人間は弱いから、自分の気持ちの処理がうまくできない人は、社会が助けてあげる仕組みが必要なんだろう。


===ソニーグループの医療サイト紹介======
■━━━━━┓
┃医師の方へ┃ 医師・医療従事者14万人が読んでいる、
┗━━━━━■ 【 医療ニュースメルマガ(無料)】ご存知ですか?
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=UBL3E+D1R12Q+O6U+661TV
========================================


=============================================
■━━━━━┓
┃会員募集中┃ 10万人の医師に質問できるQ&Aサイト【 AskDoctors 】
┗━━━━━■       【期間限定】特別キャンペーン実施中!
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=UBL3N+AP7H6A+O6U+C4DVN
=============================================

posted by ホーライ at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。