2006年12月14日

甘い小麦

東北農業研究センター(盛岡市)と日本製粉(東京都渋谷区)は12日、遺伝子組み換え技術を使わずに従来の交配などにより、甘い小麦を世界で初めて開発したと発表した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061212-00000091-mai-soci



この研究の凄いところは、遺伝子組み換えを使わずに「交配」で作ったことだ。
苦労したことでしょう。

やっぱり、まだまだ「遺伝子組み換え」は消費者に拒否反応を起こすので、自然に近い「交配」でいいものが出来るのが良い。




健康ショップ・ホーライ




posted by ホーライ at 12:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。