2007年01月02日

クローン食品に安全宣言か?

米食品医薬品局(FDA)は28日、体細胞クローン技術を使って誕生した牛、豚、ヤギについて、その子孫を含めて肉や乳製品を飲食しても安全上の問題はないとする報告を発表した。
 
報告に対する一般からの意見聴取を来年4月2日まで行い、食品として販売を認可するかどうか最終決定する。

認可時期は未定だが、来年中の認可も「考えられる」(FDAのサンドロフ獣医学センター長)という。
認可されれば世界初。
同センター長は「その場合、通常の食肉と同様に輸出されることになるだろう」としている。 


*「通常と同様に」というところが、ちょっと気になる。




posted by ホーライ at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。