2013年10月21日

◆薬食審・第二部会 アバスチンの卵巣がん適応追加承認へ

  (2013年10月21日 午後 6:23:08)更新分の治験ニュース/医療ニュース/医薬品ニュース
旭化成、がん治療用細胞を培養 テラと装置の臨床研究 日本経済新聞

旭化成とバイオベンチャーのテラはがん治療のための細胞を培養・加工する装置の臨床研究を始める。研究機関も交え、2014年に同装置で培養した細胞を人に投与し、安全 ...







このトピックに関する記事をすべて表示する ≫


 ◆杏林とキッセイ 新規作用の過活動膀胱治療薬のフェーズ1開始

https://www.mixonline.jp/tabid/55/artid/45045/Defalut.aspx?ex131021e
 ◆薬食審・第二部会 アバスチンの卵巣がん適応追加承認へ

https://www.mixonline.jp/tabid/55/artid/45048/Defalut.aspx?ex131021e
 ◆ディオバン問題 JIKEI HEART Study LANCET誌掲載のメイン図表に重大な誤り

https://www.mixonline.jp/tabid/55/artid/45049/Defalut.aspx?ex131021e
 ◆【薬価部会】新薬創出加算の検証開始‐ミスマッチ企業、なお問題視

http://www.yakuji.co.jp/entry33244.html
 ◆【PMDA】対面助言が100件を突破‐薬事戦略相談の実績公表

http://www.yakuji.co.jp/entry33243.html
iPS細胞の臨床応用に向けての各社の取り組み - 薬剤師と薬学生の情報 ...

iPS細胞で発展する再生医療領域と創薬研究領域京都大学の山中伸弥教授が発明した、iPS細胞の発表から約1年が経過した。その間、iPS 細胞を再生医療や創薬研究 ...







cocoyaku.jp/news/?action_news_detail=true&news_id...


iPS細胞への初期化で同時にRNAのスプライシングパターンも初期化 - 京大 マイナビニュース

京都大学は10月18日、体細胞からiPS細胞へと初期化する過程で、RNAを切り貼りする「スプライシングパターン」も初期化されることを明らかにしたと発表した。 成果は、京 ...







このトピックに関する記事をすべて表示する ≫


イーライリリー、競合のように研究開発予算は縮小しない=CEO ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

レクライターCEOは、リリーが先駆者的立場にある糖尿病治療薬でシェア拡大を狙うため期待している治験薬を含め、研究開発中の新薬候補(パイプライン)の一部がまもなく ...







このトピックに関する記事をすべて表示する ≫




posted by ホーライ at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。