2014年06月09日

【研修の案内】科学的な安全対策への転換を目指して(その2)―明日からでも始められる企業努力10か条―

一般財団法人医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス財団です。

3月に開催し、大反響があった「科学的な安全対策への転換を目指して」シリーズ第2弾をご案内致します。



━━━━━━━━━━━━━━━━━第160回[PV]━━━━

 科学的な安全対策への転換を目指して(その2) 

 ―明日からでも始められる企業努力10か条―

 http://www.pmrj.jp/kenshu/html/files/yakuji/251/E160.pdf

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当財団機関紙(医薬品医療機器レギュラトリーサイエンス,PMDRS, 45(3), 2014 )に

掲載された論文との連動企画です。従来行われてきた安全対策から、

より科学的な安全対策への転換を提案します。



わが国の安全対策は、「医薬品リスク管理計画指針」に述べられているように、

ICH-E2Eを真摯に踏まえ、検討課題に応じた様々な研究デザインの選択肢を持ち、

また利用可能なあらゆる情報も用い、総合的に新たなリスクの発見を行っていく体制に

移行しなければなりません。

患者さんや医療従事者のために、あるべき安全対策について考えませんか?



シリーズその2では、「明日からでも始められる企業努力」について、本シリーズのその1で受講者の皆様から

頂いたアンケート結果をふまえ、産官学それぞれの立場からご講演いただき、

今後の進むべき方向性を探ります。



◆日時: 平成26年 7月 9日(水) 13:00〜17:30

◆会場: 日本薬学会 長井記念ホール(東京都渋谷区)

◆お申し込み→ http://www.pmrj.jp/kenshu/html/frm030.php



◆プログラム: 講演と討論(講師等の敬称略)

「科学的な安全対策に転換するために何が必要か、我々が明日からでもできることは何か」

 小宮山 靖(ファイザー株式会社臨床統計部統計コンサルティンググループ

         統計コンサルティング担当シニアマネジャー)



「製薬企業の立場から」

 宮川 功(武田薬品工業株式会社医薬開発本部ファーマコビジランス部

        安全対策グループグループマネジャー)



「製薬企業の立場から」

 東郷 香苗 (ファイザー株式会社臨床統計部第一統計グループシニアマネジャー)



「アカデミアの立場から」

 宮田 裕章(東京大学大学院医学系研究科医療品質評価学講座教授)



「規制当局の立場から」

 福田 悠平(厚生労働省医薬食品局安全対策課副作用情報専門官)



<総合討論>

共同司会:

  松下 泰之(第一三共株式会社事業推進本部メディカルアフェアーズ部学術データマネージメントグループ主査)

  木村 友美(ヤンセンファーマ株式会社研究開発本部感染症ワクチン領域エピデミオロジスト)

posted by ホーライ at 21:43| 治験・医療ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。