2005年11月16日

●アルツハイマー病の原因物質、主要構造の解明に成功

アルツハイマー病の原因とされるたんぱく質「ベータ・アミロイド」の主要構造をとらえることに、高野和文・大阪大工学研究科助教授らのグループが世界で初めて成功した。15日、大阪府内でのシンポジウムで発表した。
  ↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051116-00000301-yom-soci

アルツハイマー症の原因がなかなか解明されないまま長い年月がたった。
今は薬が有るとはいえ、まだまだ十分ではない。
この構造解析をきっかけに新しい治療薬が誕生してほしい。

それにしても構造解析に威力の偉大なことよ。


posted by ホーライ at 07:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。