2005年11月27日

脳の特定細胞メリット判断


複数の中からメリットのあるものを選ぶ際に脳の特定の神経細胞群が情報処理を担当していることを京都府立医大の木村実教授(神経生理学)と上田康雅助手らがサルの実験で突き止め、米科学誌サイエンスに25日発表した。
 
経験による学習の仕組み解明や、薬物やギャンブルへの依存症の診断、治療法開発に役立つ可能性があるという。
 

木村教授らは、自発的運動の制御や情報処理にかかわる大脳基底核の線条体という部分に注目。

スティックを左右の一方に倒すと報酬のジュースが得られるサルの実験で、線条体の神経細胞の電気信号を測定した。
 
(共同通信) - 11月25日

posted by ホーライ at 09:05| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

制服身体検査
Excerpt: 身体検査を渋々受ける眩しい制服姿の彼女達。しかし必要以上の検査にまんざらでもない気分になってきてしまい・・・皆で調子にのって乱交パーティーもどきに発展してしまう!!
Weblog: 制服身体検査
Tracked: 2005-11-27 09:28

叶1○才、ガンメッシュギャル、ピアス調教
Excerpt: まだ成長途中の艶かしい柔肌にピアス調教!クリ、乳首とビラビラにもピアスを空けられ失神しそうになりながらもピアスを貫通させられる刺激にマジイキ!!
Weblog: 叶1○才、ガンメッシュギャル、ピアス調教
Tracked: 2005-11-27 10:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。